ここでは、テーブル(表)の作成方法について、ご説明致します。

作成方法

  1. エディタのメニューバーの「テーブル」、もしくは、メニューアイコン(下段の左から8番目)からテーブルを選択します。

    テーブルメニュー
  2. テーブルの挿入からテーブルのサイズを選択します。
    テーブル挿入

設定項目

作成したテーブル(表)に対して、詳細な設定をすることが可能です。

表のプロパティ

表全体の設定が出来ます。
設定できる項目は、以下の通りです。

表のプロパティ

表の幅を設定出来ます。
設定しなくても自動で最適化してくれますが、それが合わない場合は設定して下さい。

  注意点

スマホ等の小さい画面で表示した場合に、表示崩れを起す可能性がありますので、確認してから設定することをお勧めいたします。
レスポンシブデザインとなっていますので、PCのブラウザの表示幅を狭めることで確認出来ます。

例:300px
A B
C D
高さ

表の高さを設定出来ます。
こちらは、幅に比べると表示崩れを起す可能性は、低いですが、設定する際にはご注意下さい。

例:300px
A B
C D
セルのスペース

デザイン上、設定しても効きません。

セルのパディング

こちらもデザイン上、設定しても効きません。

枠線

表の枠線の太さを設定出来ますが、デザイン上、中途半端にしか設定できないので、お勧めいたしません。

例:5px
キャプション

表のタイトルを設定することが出来ます。

表4:キャプションあり
1 2
3 4
配置

表の表示位置を設定出来ますが、デザイン上、設定しても効きません。

The following two tabs change content below.
「form作成プラグイン」 自動返信機能あり、メールが問題なく届きます ダウンロードはWordPress公式サイトから⇒https://wordpress.org/plugins/recopat/